植栽工事完了後(別途工事:お施主様手配|写真提供:お施主様)

間口5.8m/奥行21mという、奥行のある細長い敷地に建つお住まいです。

敷地の特性である奥行を生かしながら、視線の抜け・流れ/リズムを意識した、広々と伸びやかな空間構成が特徴です。

肌に触れる部分の木材を、手触り/足触りのよい『杉(すぎ)・桧(ひのき)・楢(なら)』とし、素材感の引き立つデザインで統一しています。

 

『住宅密集地の中で日当たりをどう確保するか』という問題に対しては、周囲の建物との関係をシミュレーションしながら、間取りと外観を決定しています。

南側2階部分をセットバックさせる事で、周囲の建物から距離を取り、南側開口部および吹抜けから、太陽光をたっぷりと室内へ取り込める計画です。

 

耐震面では、視線が自然と抜けるように、壁/床/吹抜けを配置し、開放的な空間を実現しながら、耐震等級3/許容応力度設計の基準を満たす計画となっています。

 

断熱面では、外壁にセルロースファイバーの吹き込み断熱に加え、ネオマフォームによる付加断熱も施しています。

それにより、年間を通して、外気温の影響を受けにくい快適な室内環境を実現しています。[断熱等級6:外皮平均熱貫流率(UA値)0.33 W/㎡K]

 

さらに太陽光発電パネルを10.88kW搭載し、環境負荷を低減させるための設備計画を行い、脱炭素社会への取り組みも実現しています。

日中に発電した電力を自家消費することで、高騰している電気代を削減することができる計画です。

 

 

|建物概要|

検見川の住まい

千葉県|木造2階建て|専用住宅

 

法定面積:107.35㎡(吹抜け除く)

外皮平均熱貫流率(UA値):0.33W/㎡K

長期優良住宅

耐震性能 耐震等級3(許容応力度設計)

気密性能 C値:0.68(中間時測定)

外壁:金属サイディング

床:杉フローリング/コルクタイル/塩ビタイル

壁:ウッドチップクロス+粘土塗料/ビニールクロス

天井:構造材表し/ウッドチップクロス+粘土塗料/ビニールクロス

空調設備:壁掛エアコン

換気設備:ダクトレス第3種換気

給湯設備:おひさまエコキュート

創エネルギー設備:太陽光発電パネル10.88kw 搭載

 

≫工事中の様子などはこちら