断熱性能・建物燃費の最終確認

 

千葉|星久喜町の住まい 

 

最終的な建物仕様が確定した為

 

改めて、断熱性能などのシミュレーションを行いました。

 

千葉県-千葉市-一級建築士-一級建築士事務所-建築家-新潟-高断熱-heat20g1-heat20g2-耐震等級-許容応力度設計-燃費計算-内部結露対策-壁内結露対策

 

結果は

 

外皮平均熱貫流率(UA値):0.48 W/㎡K!!

 

ほぼ、HEAT20 G2レベルです!

 

工事費の上がる、付加断熱などを行わなくても

 

計画次第で、ここまでの断熱性能を確保できる事が証明されました。

 

今回は建物は

 

予算の関係もあり、床面積が小さい事

 

そして

 

窓の設置個数を必要最低限に限定した事も

 

良い意味で影響しているかと思います。

 

ちなみに、建物燃費(年間光熱費)のシミュレーションでは

 

千葉県-千葉市-一級建築士-一級建築士事務所-建築家-新潟-高断熱-heat20g1-heat20g2-耐震等級-許容応力度設計-燃費計算-内部結露対策-壁内結露対策

 

弊所で断熱計画の場合、年間光熱費が153,223円

 

国の基準で断熱計画を行った場合、年間光熱費が178,104円

 

その差額、年間24,881円となり、

 

24,881円 × 30年間生活した場合 = 746,430円お得

 

24,881円 × 40年間生活した場合 = 995,240円お得

 

という結果となりました。

 

次回のお打合せで、上記の結果を建て主さんへご説明したいと思います。

 

 

 

□□□お知らせ□□□

 

設計相談会のお知らせです。

千葉県-千葉市-一級建築士-一級建築士事務所-建築家-新潟-高断熱-heat20g1-heat20g2-耐震等級-許容応力度設計-燃費計算-内部結露対策-壁内結露対策
対面・オンラインどちらも対応可能です。 

設計相談会の詳細はこちら

 

↓↓↓↓↓↓