2階リビングの暑さ対策

千葉県 千葉市 一級建築士 一級建築士事務所 建築家 新潟 高断熱 HEAT20G1 HEAT20G2 耐震等級 許容応力度設計 燃費計算 内部結露対策 壁内結露対策
豊田の住まい|house_in_toyoda|東京都日野市

 

まず、2階リビングを選択する要因として考えられる事は

 

敷地条件から、お隣が近く、

 

1階リビングでは開放的なリビングが実現できない。

 

または、

 

よりリビングからの眺望を確保したい。

 

といった事が考えられます。

 

 

リビングには大開口があり、その先にはリビングと繋がったウッドデッキ。

 

そういった光景が想像できます。

 

 

この大開口で注意すべきが、

 

夏の日射対策です

 

 

最もシンプルな日射対策の方法は

 

窓上に庇を設ける事です。

 

太陽高度の高い夏の日射遮蔽には庇が非常に有効です。

 

また、

 

窓面を内部へこませて(凹)、

 

その面に窓を設置すれば

 

上部の壁が庇代わりとなります。

 

(これはプランに大きく影響する為、全体のバランスを考慮する事が必須です。)

 

 

そして、2階リビングを開放的な空間とする為に

 

勾配天井などにする事がありますが、

 

天井高さが高い場合は

 

暖気が天井付近に籠るため、

 

天窓(トップライト)や高窓(ハイサイドライト)などを設け

 

熱抜きの換気窓を設ける事も重要です。

 

ただ、

 

天窓は日射も多く取り込んでしまう為、

 

設置面をできる限り北側に向ける。(南側には向けない)

 

日射遮蔽用ブランドをオプションで付ける。

 

ガラスは最低でもLOWーEペアガラスとする。

 

など、工夫が必要です。

 

そして、根本的な話になりますが

 

建物自体の断熱性能を

 

十分に確保する事が非常に重要です。

 

断熱性能が高ければ、

 

『夏には室外の暑さや日射を室内へ取り込まない。』

 

反対に

 

『冬には室内で暖まった空気を室外へ逃がさない。』

 

 

『冬の日射を取り込み、自然エネルギーを使い暖房を補填する。』

 

といった事が可能となります。

 

 

国も断熱性能に関して基準を示していますが

 

それはあくまで最低基準であり、

 

決して十分な断熱性能ではない、と弊所では考えます。

 

そこで、弊所では

 

国が定める基準 断熱等性能等級の最高等級である等級4を上回る

 

※『HEAT20 G1グレード』を標準仕様として設計します。

 

断熱性能は、カタログ数値だけで判断するのではなく

 

専用の診断ソフトを使用し検討・ご提案を行います。

 

千葉県 千葉市 一級建築士 一級建築士事務所 建築家 新潟 高断熱 HEAT20G1 HEAT20G2 耐震等級 許容応力度設計 燃費計算 内部結露対策 壁内結露対策
参考プラン(HEAT20 G1グレード)

 

ご予算やご要望により、

 

断熱材や窓の性能をグレードアップし、

 

より断熱性能を高める事(HEAT20 G2グレード)も可能です。

 

千葉県 千葉市 一級建築士 一級建築士事務所 建築家 新潟 高断熱 HEAT20G1 HEAT20G2 耐震等級 許容応力度設計 燃費計算 内部結露対策 壁内結露対策
参考プラン(HEAT20 G2グレード)

 

加えて、弊所では専用ソフトを使用し 建物燃費 を計算します。

 

これにより計画建物の 年間光熱費のシミュレーション が行えます。

 

また、計画建物と国の基準で計画した場合とでの光熱費比較も行えます。

 

比較を行う事で、

 

断熱性能の違いで

 

ランニングコストをいくら節約できているのかが一目で分かります。

 

千葉県 千葉市 一級建築士 一級建築士事務所 建築家 新潟 高断熱 HEAT20G1 HEAT20G2 耐震等級 許容応力度設計 燃費計算 内部結露対策 壁内結露対策
参考プラン 燃費計算(年間光熱費シミュレーション)

 

上記、年間光熱費シミュレーションに関しての考察は

 

弊所ホームページ『住まいの性能について』

 

↓↓↓↓↓↓

で詳しく解説していますので是非そちらも参考になさってください。

 

□□□お知らせ□□□

毎月 設計相談会 も開催中です。

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓

千葉県 千葉市 一級建築士 一級建築士事務所 建築家 新潟 高断熱 HEAT20G1 HEAT20G2 耐震等級 許容応力度設計 燃費計算 内部結露対策 壁内結露対策
設計相談会|オンライン対応