練馬区, 東京都, JPのHouzz登録専門家平泰博

LDKについて▶▶西山の住まい

 今回はダイニングキッチン+リビングを解説します。

********************************************************

ダイニングキッチンそしてリビングは基本的に一体の空間です。

ですが、そのままだと今ひとつそれぞれのゾーン分けが曖昧なので、

今回は

①床の仕上げの違い

②床の段差

③天井高さの変化(段差)

によって、視覚的/体感的にキッチンゾーン、ダイニングゾーン、リビングゾーンを分ける事を考えました。

********************************************************

まずは、①の床仕上げの違いです。

ダイニングキッチンは ” コンクリートの床 ” 

リビングは ” 無垢のフローリングの床 ”  と、仕上げを変える事で視覚的なゾーン分けをしたいと考えました。

********************************************************

次に、②の床の段差です。

キッチンダイニングとリビングには約10cmの段差をつけています。

床仕上げの違いと合わせて、段差をつける事で、

一段上がる、又は一段降りる、という動作が発生し、

体感的に、それそれのゾーンを感じてもらえるのではないかと考えました。

 

********************************************************

最後に、③の天井高さの変化(段差)ですが、

キッチン部分は、他の天井より20cm程天井を下げています。

この天井の段差で、視覚的にキッチンゾーンとダイニングゾーンを分けています。

 

キッチンは、料理をする一定の時間そこにいる場所なので、開放的な空間よりは、落ち着きを感じる空間の方が良い。

と、僕は思っています。

そこで、天井高さを少し抑えてあげる事で、落ち着きのある、籠った空間にしたいと考えました。

 

キッチンに立った際、

天井の低いキッチン部分から天井の高いダイニング、そしてその先には外の自然が見えるウッドデッキ。

と、少しずつ開放感の度合いが上がる配置、空間構成とする事で、人の動きと視線の動きが違和感なくリンクできればいいな。

と考えました。

 

加えて、下がった天井部分には間接照明が設置してあり、照明の演出効果も期待できます。

また、この段差をつけることで、天井面に影を作り、奥行感を増すことで、短調になりがちな平らな天井に変化を与えています。

天井面に角(かど)を見せ、水平ラインを強調することで、より繊細な印象になると考えました。

 

 

次は、洗面所について書きたいと思います。