練馬区, 東京都, JPのHouzz登録専門家平泰博

耐震構法 SE構法

先日、耐震構法 SE構法の講習会に参加しました。

今まで木造住宅での大空間は、構造面・コスト面で作りづらいものでした。

しかし、このSE構法では9mまで、中間部分に柱の無い大空間を作ることが可能となりました。

9mというと、車が3台入るイメージです。

全棟、ビル等と同様の構造解析を行い、構造の安全性も保証されています。柱・梁は集成材となり、コストは通常の坪単価に比べプラス5万円前後のアップとなりますが、色々な使いみちが模索できる魅力的な構法です。今回の計画案件に採用するかどうかを含め、今後の構造選択肢のひとつとして考えていければと思います。

無印良品の家もこちらの構法を採用し、構造の安全面、内部プランニングの可変性を謳っています。)